HOME > こんな症状に > 日焼けによる炎症

こんな症状に

日焼けによる炎症


【日焼けによる炎症】
紫外線を多く浴びると、日焼けによる炎症が起こります。日光皮膚炎とも呼ばれます。

症状

1.赤くなってヒリヒりする。

2.むくみや水ぶくれが現れる。

●部位:紫外線が当たった部分
●症状には個人差がありますが、紫外線に当たってから 6~24時間後に最も強く現れ、1週間ほどすると皮がむけます。

治療

濡れタオルや氷水をビニール袋に入れてタオルにくるんだものでよく冷やしましょう。
炎症の程度に応じて、ステロイド外用剤を用いて、炎症を抑えましょう。

大きな水ぶくれができたり、広範囲に炎疲が起こっている場合は、専門医の受診をおすすめします。

◎紫外線を防ぐ。
目的に合った強さの日焼け止めを塗りましょう。

◎紫外線を浴びない。
日傘や帽子、サングラス、長袖の服、
手袋などを利用する、できるだけ木陰や
建物の影を歩きましょう。


ページTOP